40代の薬剤師って転職しにくいの?

実は40代となると薬剤師は転職しにくいと言われているのです。 薬剤師が転職しやすい年代はある程度経験を積み そして若い20代後半から30代前半と言われています。 ですので40代になると転職しにくいんじゃないかと 思っている人が多いようですが、薬剤師は40代になっても 転職は可能ですし、薬剤師の転職で有利になる 実務経験が40代は豊富に備わっているのです。

やはり新人薬剤師に比べて、知識もスキルも格段に優れていますし、 管理職に就いたことのある経歴を持っている人も居ます。 薬剤師にとって実務経験が豊富なこと、 管理職など役職を経験したことがあるということは、 転職する際に非常に有利になるのです。

やはり中途採用は即戦力になる人を探しているのであり、 管理職を募集している薬剤師求人もありますので、 そういった求人には40代の薬剤師の方が有利ということがあります。 転職をする際は年齢を気にすることはありません。 今までの実務経験をきちんとアピールできれば 上手く転職が進めることができるようになるのです。

今自分にはどんなスキルがあるのか、 どんな知識があるのか、実務経験があるか きちんと考えることが大切です。 また、実務経験も大切ですが、ブランクに関して 考えることも大切なのです。 男性の場合は、一時的に職場を離れるということは ありますが、長期的に離職することは少なく ブランクが出来にくいです。

しかし、女性の場合は、結婚してすぐ離職する人、 子供が生まれて子育てをするために離職する人が多いですので ブランクが出来る人が結構います。 ブランクの期間は人それぞれですが、 ブランクが長いからといって復職することを不安に思う必要はありません。

10年以上ブランクがある人もいるようですが、 ブランクがある人の転職は、復職支援をしてくれるような 職場を探すことをおすすめします。 復職支援制度がある求人は、転職サイトに載っていることがあります。 他にも自分の実務経験を活かせるのかどうか、 希望する条件にマッチしているのかどうかも確認できます。 薬剤師の転職は40代になると不利になるどことか 有利になることが多いというわけなのです。

このページの先頭へ