ブランクがあいた薬剤師の復職は?

昨今の日本経済はアベノミクスで持ち直してきているとはいえ、まだまだ好景気とはいえない現状が続いています。 そんな中、以前薬剤師で仕事をしていた女性薬剤師を中心に復職を考える人たちが増えてきています。 そして、よりよい条件で仕事をするためやスキルアップを目指して転職を考える薬剤師もいます。

ここでは、ブランクがある薬剤師が再就職する状況はどうなのかを考えてみたいと思います。 ブランクがあっても特に再就職することを躊躇しなくてもいいでしょう。 そうはいっても楽観視はできません。 ここ10年を見てみると薬剤師を取り巻く状況は劇的に変化してきているも事実です。

まずは、ご自身の能力や経験に見合った待遇を受け入れる――こういったスタンスが必要になるでしょう。 採用側がどういったことをみなさまに期待しているのかを一番に考えてください。 採用してもらったら採用側にどういったメリットがあるのか。 これをしっかりと説得力がある説明ができれば再就職を恐れることはありません。

例えばMRです。 10数年前はプロパーと呼ばれてました。 薬の説明と売上を重視する営業活動からMRとしての研修を充実したりMRの資格を確立したのです。 その結果、単なる販売担当者から、専門家としての情報提供者になり仕事のクオリティーが飛躍的にレベルアップしました。

MRは製品の知識だけではなく倫理教育にも力を注いでいます。 医師とやりとりをする仕事ではありますが、患者様の立場を一番に考える薬剤の情報提供者と大きく変化してきました。 薬局においても採用状況に違いがでてきています。 一昔は、薬剤師の免許さえあればブランクがあっても誰でも採用されていました。 でも最近はシビアです。 <どんな仕事がしたいのか>とか<どんな風に患者様やお客様の役に立ちたいか>などが重要視されます。

資格や試験では見えない、あなた自身の考え方が注目されているのです。 薬局もコミュニケーションスキルが要求するサービス業としてスタンスが変わってきているあらわれです。 以上、ブランクがある薬剤師が再就職する状況はどうなのかを考えてみました。 相手を引きつける再就職の理由が必要です。 「自分には何ができるのか」「挑戦してみたいこと」などをキッチリとアピールできるような準備が不可欠でしょう。

このページの先頭へ