製薬会社で働く薬剤師の待遇ってどうなの?!

薬剤師の資格を取得している人の中には、製薬会社で勤務する人も多く存在します。そもそも、製薬会社で働く薬剤師の待遇は、どのような内容となっているのでしょうか。詳しくご紹介していくことにしましょう。

まず、初任給についてですが、病院勤務の薬剤師や調剤薬局に勤めている薬剤師と比較すると、そこまで高くはないというのが現状のようです。 しかし、それは最初だけだといえるでしょう。特に大手の製薬会社に就職することができれば、ボーナスなども含めてかなり高額な収入を得ることができるといえます。

また、資格手当が付与されることもありますので、安定志向の人に向いている就業先だといえそうです。ちなみに、製薬会社の仕事といっても内勤だけではありません。営業に配属された場合は、業績によって給料や待遇が変わってきます。

営業成績が良い人であれば、年収1千万円を超えることも珍しくはありません。このように見ていくと、製薬会社で働く薬剤師はとても恵まれていると言えそうですが、もちろんデメリットも存在します。 その中の1つとして、転勤があるということを挙げることができるでしょう。日本国内だけに留まらず、海外転勤もありますので、できるだけ転勤したくない人にとっては、製薬会社勤務は向いていないかもしれません。

また、製薬会社へ転職することを考えているのであれば、ある程度の知識や経験が求められることもあるようです。そのため、製薬会社勤務の経験がない状態で転職しようと思っても、なかなか採用されないということがあるでしょう。

以上、製薬会社で働く薬剤師の待遇についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。製薬会社での勤務経験がない人から見ると、大変羨ましい待遇の中働いていることが良く分かります。薬剤師アルバイトの時給に較べれば、その差は歴然です。

しかし、待遇だけにつられて転職してから、やはり調剤薬局などで働いている方が自分に合っていたと感じるケースも多いようです。 そのため、今後、製薬会社への転職を考えているのであれば、なぜ製薬会社に転職したいのかを、今一度考えておくようにしましょう。

このページの先頭へ